農林業者と協力して山や畑を荒らすシカやイノシシを捕まえよう!

オンライン説明会を開催しております。はじめての方はこちらからお申し込みください。

ハンターバンクは、狩猟場所を探しているハンターと獣害にお困りの人々をつなげるマッチングサービスです

ハンターバンクの特長

1. マッチング

ハンターバンクは狩猟場所を探しているハンターと獣害被害にお困りの方々を繋ぐ新しいサービスです。農林業者やレジャー業者の土地を荒らす、害獣をあなた自身が仕掛けた箱わなで捕獲することができます。

warren-wong-J33qmCVr02A-unsplash

2. 必要な猟具等のレンタル

初心者が狩猟を始めるにあたって、道具をそろえることも大きなハードルです。そんな初心者でも手軽に狩猟がはじめられるよう、ハンターバンクでは、箱わな本体や止め刺し用の槍、解体用のナイフ、トレイルカメラなど、必要な道具一式をレンタル可能です。

狩猟道具

3. 保険加入手続きの代行

わな猟のための保険(施設賠償責任保険)の手続きをハンターバンクの事務局が代行します。初めての方や時間の無い方でも安心して狩猟をスタートすることが出来ます。

scott-graham-OQMZwNd3ThU-unsplash

4. 狩猟仲間が見つかる

一人でわな猟をするのが不安な方は、他の会員と一緒にわなを管理することが可能。協力してイノシシを捕まえるのはもちろん、その体験を共有することができる狩猟仲間と出会えます。

ハンターバンクサービス写真4

5. 初心者のサポート体制

わなの見回りは農林業者が行います。また、捕まえた獲物の止め刺しや解体など、初心者だけでは難しい作業はベテランのサポートハンターに手伝ってもらうことが可能。

ハンターバンクサービス説明1

6. 通年で狩猟に取り組める

ハンターバンクでは、有害鳥獣駆除の枠組みで捕獲を行っています。獣害を減らすことをめざすとともに、オールシーズン狩猟に取組むことで、短期間でわな猟の経験を積むことが可能。

chris-lawton-5IHz5WhosQE-unsplash

地域情報

小田原エリア

都心からのアクセスもよく、害獣被害の報告が多数ある生息密度が高いエリアのため、ハンティングの初心者にもおすすめのエリアです。農作物被害が一番多いのは、イノシシによるもので、なんと年53.5トン!(令和元年)みかんやキウイなどの果樹に大きな被害があります。

無料のオンライン説明会開催中

はじめての方に向けて、ハンターバンクの無料オンライン説明会を開催しています。

Twitterでも情報発信中

先日の猪肉でジビエカレーを作りました!
最初にお肉を炒めて、出た油や汁を捨てておくと、臭みのない仕上がりになるそう🍛
弱火で時間をかけて火を入れることで、お肉が柔らかくなりました!✨
#ジビエ #イノシシ #狩猟

2

ハンターバンクのロゴ。
そう、箱わなです。
銃ではなく、わな。
くくりではなく、箱を選択しました。
なぜかというと…
初めてのハンティングでも安心安全を狙っています。
オンライン説明会は毎週開催しています。疑問点は担当者に直接聞けます!
https://odakyu-hunterbank.com/

先日の、小田原市さんとの協定締結の様子を掲載いただきました✨
https://www.youtube.com/watch?v=n_1HYYW3n24
私は初めて記者会見の場に出席したのですが、ソワソワしてしまいました🐥
サービスの背景、小田原市・小田急電鉄の想いなど、ご覧いただけます😊
#ハンターバンク #狩猟 #獣害 #小田原市

Load More...