お知らせ - ハンターバンク

お知らせ

さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

ハンター体験記 vol.2 菅原隆さん

持続可能性×『HUNTER×HUNTER』の答えは狩猟のリアリティだった![その2]

日々の仕事と好きなマンガの掛け合わせで生まれた狩猟への興味から、幸運なデビューへとつながった菅原さんのハンター生活。早々に猟果も挙がって気分はすっかり中堅ハンターさん……かと思いきや、現実の〈狩猟〉と向き合ってみた菅原さんの中には、まだ落としどころの見えていない、言葉にならない〈思い〉があるようです。そのあたり、実は同じように感じている新米ハンターさんも、いらっしゃるのではないでしょうか……。

──さて菅原さん、インタビューの最初にもお話いただいていた「モヤモヤ」について、もう少し詳しく教えていただけますか?

菅原さん: そうですね……正直なところ、完全な興味本位で足を踏み入れてみた狩猟の世界でした。それで、ハンターになった自分としての最初の捕獲までは、狩猟という行為も、有害鳥獣駆除としての社会的な課題の解決手段として、あるいは山の恵みの利活用としてのビジネスモデル的な可能性として考えていたんですが……。

──いざとなると……。

菅原さん: 自分の箱わなに「獲物がかかった」とホストさんから連絡をもらって、いよいよ現場に向かうぞ、というその前日になったら、それまで考えてもいなかった「あえて殺す」というイメージが自分の中にふくれ上がってきて……。それがいまも、なんかモヤモヤになっているんですよね。

──なるほど。それまでは、ある種〈理想のハンター生活〉だった話が、急に現実味を帯びてきた、という感じなんですね。

菅原さん: 捕獲した野生鳥獣の命をいただく〈狩猟という行為〉は、それまで考えていた、自分の目に映っていた社会的な課題やビジネスモデルの文脈とは、やっぱり別の現実なんだな、という思いですね。そこには狩猟という行為、すなわち「あえて殺す」という行動の理由を考える自分がいたわけです。

──不思議ですよね。魚を釣って、締めてさばいて食べるのと本質的には変わらない行為のはずなんですが、獲物の大きさなのか、体の温かさの問題なのか、そこには大きな違いというか、壁があったというお話を聞くことは、少なくないんですよね……。

菅原さん:そこは自分の中でどう言語化して、どう収めるべきなのか、まだまだスッキリとはしていない部分ですね。

──とはいえ獲物は自分の箱わなに入っているわけで、その獲物を放棄する、という選択肢もなく……。そこはどうやって折り合いをつけたんですか?

菅原さん: 実はそのタイミングで、現地のサポートハンターさんからメッセージをいただきまして、それでなんとか、という感じでした。具体的な手順や技術的なアドバイスを再確認させてもらったうえで「あとはメンタルの問題だけですよ」と。そのメッセージに背中を押していただいて、覚悟も決まった、ということですね。

──実際に体験した初めての〈狩猟という行為〉は、どんな感じでしたか?

菅原さん: 最初の獲物はイノシシの幼獣、いわゆるウリ坊ばかりが6頭で、箱わなの中で小さい獲物がやたらと動き回っているわけですから、止め刺しも時間がかかって大変でした。それに、その獲物を解体するにしても、作業の手間に対して得られる肉は少ないわけで、まあ歩留まりも悪いわけです。そもそも初めての作業ばかりで腕は筋肉痛でパンパンだし、だんだん握力もなくなってきて、途中で「解体、もう止めちゃおうかな……」なんて思いも、正直なところ頭をよぎりました。

──小さいから丸焼きで、というわけにもいきませんからね……。

菅原さん: でも、あえて自分が殺したんだから最後まで責任を持って……というところで気持ちを入れ直して、なんとかやり遂げて……。結果として、その肉を持ち帰ってありがたく食べることができたのは、本当に良かったと思います。自分がそれまで考えたこともなかった経験に、感じたことのなかった気持ちに直面することができた、というのは……面白かったですね。

──実際に自分の手で「狩猟」のリアリティに触れたことで、菅原さんの中にあったイメージも、変わったわけですね。

菅原さん: ホストの農家さんがミカンを作ってらっしゃるんですが、以前には獣害と聞いても「ミカンが食べられて収穫量が減ってしまう」という全体的な収益性の問題だとイメージしていたのが、実際に現場で「土を掘り返されて根っこがやられるんで、植え直さないといけないんだよね」とか「その若木にのしかかってくるもんだから、枝が折られちゃってね」とか「苦労して作った石垣を崩されて、土砂崩れになっちゃってね」といったようなお話をうかがうと、ひとつひとつの自分の「捕獲」にもちゃんと意義があるんだな、と実感できるんですよね。

──総論が各論につながった、という瞬間ですね。

菅原さん: そしてその実感がないと、止め刺しのヤリを向けることも自分にはできないのかな、と思うようになったんですよね。

──まだまだ考察を深めている途上の菅原さんですが、最後に「ハンターバンクでいちばんよかったこと」を、ひとつお願いできますか?

菅原さん: 現場に行った日だけ箱わなを借りるのではなく、きちんと「自分のわなです」と胸が張れる、ということですね。そのための環境が、すべて整う。

──そこに〈意義〉もあるわけですね。ありがとうございました。

菅原隆さん(すがはら・たかし)

東京での仕事と小田原でのハンター生活の両立を、もっと充実させたいと考えているハンターさん。会社の業務としても、里山にサテライトな拠点を持ったり、民泊事業で都市部から地方への人口導線を設計したり、公私ともどもいろいろと仕掛け中。

ハンター体験記

【無料イベント】イノシシ解体講座@オンライン!
 ※このイベントは終了しました


島根県の「㈱おおち山くじら」社長 石崎氏による、イノシシ解体講座です。
ジビエのプロ目線で、美味しいジビエにする解体方法を学んでいただけます。
参加費無料ですので、ぜひお気軽にご参加ください!

[日時]
9月22日(木)19:00~21:00
(終了時刻は前後する可能性がございます)

[開催方法]
Zoomを使用したオンライン開催
(URLは開催日が近づきましたら、メールにてお送りいたします)

[プログラム内容]
・解体に使う道具の紹介
・美味しいお肉にするための解体方法レクチャー
・おすすめ料理の紹介
・質疑応答

[登壇者略歴]
1978年生まれ。北海道大学大学院農学研究科で林学を修めるが、研究フィールドの天然林がひと冬でエゾシカに食いつくされたのを見て、研究対象を森林からシカに変える。
国内狩猟肉の製造や卸売業を営むかたわらで、シカやイノシシなどの野生獣肉を<伝統肉>と再定義した「NPO法人伝統肉協会」理事長として、獣肉食文化の普及啓発にも尽力中。
現在ハンターバンクの事務局も務める。

※㈱おおち山くじら
島根県美郷町にて、駆除捕獲された猪の約80%を回収・処理し、その肉や皮を地域資源として役立てる取組みづくりを行う。野生猪の食肉処理を中心に事業を展開。

イベントにて皆様とお会いできることを、心より楽しみにしております!

【お問い合せ】
info@odakyu-hunterbank.com

さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。
狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは
〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

ハンター体験記 vol.2 菅原隆さん

持続可能性×『HUNTER×HUNTER』の答えは狩猟のリアリティだった! [その1]

狩猟の現場が遠い都市生活者でも、全くの未経験者でも、そして、場合によっては狩猟免許の取得がまだでも……興味と熱意さえあれば誰でも気軽に、しかも手軽に狩猟生活をスタートできるのが、ハンターバンクの最大の魅力。そんなハンターバンクのフィールドでは、さまざまなバックグラウンドを持つハンターさんたちが、自分らしいスタイルで、今日も〈山の恵み〉である獲物たちと向き合っています。

ふとした興味から狩猟免許を取得し、ハンターバンクと出会った菅原隆さん。デビュー戦から順調な猟果に恵まれているということですが、実はそんな菅原さんも、狩猟に触れる機会はまったくなし、完全にゼロベースのスタートだったのだとか。初心者コースを超高速で駆け抜けている新米ハンターの目には、いま、どんな景色が映っているのでしょうか。

──ハンターバンクをスタートされてからの1年ほどで、獲物もイノシシの成獣が3頭、幼獣が11頭と、なかなかの猟果を挙げられているとうかがいました。もうすっかりハンター生活も板に付いた、という感じですか?

菅原さん: いやあ、実は自分の中でもまだ、整理がついていないというか、なにかモヤモヤしている部分もあるんですよね、狩猟という行為については……。

──それはちょっと意外ですね。デビュー戦からの好成績で、バリバリのハンター気質になっていらっしゃるんじゃないかと思っていたのですが……。そもそもハンターを目指したきっかけは、どんな感じだったんですか?

菅原さん: 採用とか人事のコンサルティングをしている会社に勤めているんですが、そこが全社的にSDGsを推進していまして、その関連で社会の持続可能性についてリサーチする中で、地方の小さな自治体でも、野生鳥獣のために年間に1000万円を超えるような農林業被害がある、ということを知ったんです。それで、そのマイナスをプラスに転じるには、どうしたらいいんだろう……と、このあたりは完全に左脳的な思考なんですけれど、業務マターとして考えるようになったわけです。

──それまでの菅原さんの中にはなかった認識が、仕事としてひとつ生まれた、ということですね。

菅原さん:ただ、その一方で自分の右脳では、狩猟ってなんだか男臭い世界だけど、そんな世界とは毛色の違う自分が狩猟者になるというのも面白いのかなあ、みたいに感じてもいまして……あ、それから冨樫義博さんの『HUNTER×HUNTER』というマンガが、大好きなんですよ! それで、どうせなら自分もハンターと名乗りたいぞ……みたいな。そんなきっかけで、まずはネットでリサーチを始めたんです。

──なるほど! 実は新人のハンターさんから「きっかけは『HUNTER×HUNTER』でした!」というお話、たまに聞くんですよね……。さすが国民的コンテンツ、すごいですね。それで、インターネットでのリサーチでは、役に立つ情報があったんですか?

菅原さん: 都市生活者のOLさんがハンターになるまでのドキュメントがウェブの連載記事でありまして、それを参考に勉強を進め、まずは狩猟免許から、ということで試験会場に足を運びました。でもまあその時点では、興味も湧いてきたことだし、とりあえず狩猟免許だけでも取得しておこう、というくらいのつもりだったんですが、たまたま試験会場で、隣の席の人に声をかけたんです。そうしたら、その人がハンターバンクのことを教えてくれまして、それで一気に、狩猟免許を取ってからの具体的な方向性が決まっちゃいました。

──まさに順風満帆、という感じですが、しっかりと猟果も得て、中堅ハンターとしてのマインドになったのかと思いきや、冒頭でうかがったように、実はまだ思うところがあるわけですね? 次はそのあたりを聞かせていただこうと思います。

菅原さんのお話は[その2]へと続きます。

菅原隆さん(すがはら・たかし)

東京での仕事と小田原でのハンター生活の両立を、もっと充実させたいと考えているハンターさん。会社の業務としても、里山にサテライトな拠点を持ったり、民泊事業で都市部から地方への人口導線を設計したり、公私ともどもいろいろと仕掛け中。

小田原現地見学&仲間探しツアー 10月8日開催

ハンターバンク、サービス内容はなんとなくわかったけど、誰と一緒にどんな場所でハンティングをするんだろうか?ちょっとイメージがわかない…と思っている方へ!

小田原現地見学&仲間探しツアーのご案内です♪

ハンターバンクを利用すると通うことになる、箱わな設置現場を見ることができますし、ハンターバンクで一緒にハンティングをする仲間とも出会える機会となります!

事務局メンバーも参加しますので、サービス内容について確認する場としてもご利用ください。
小田原、とても魅力的なエリアなので、ぜひお気軽にご参加ください♪

イベント情報

[日時]
2022年10月8日(土)13:00~15:30
※終了時刻は前後する可能性がございます

[集合場所]
JR東海道本線 早川駅 (神奈川県小田原市早川)
※東京駅より1時間半ほど、新宿駅より2時間弱ほど

[解散場所]
一夜城駐車場(ヨロイヅカファーム、一夜城歴史公園前)
※小田原宿観光回遊バス(早川駅経由、小田原駅行)が16:08に一夜城公園バス停を発車しますので、そちらに乗車いただく予定です。

[実施予定内容]
・わなを設置している現場のご案内
・動物の痕跡さがし
・仲間探し
・サービスに関するご質問への回答

[参加費]無料

[定員]20名
※定員以上のお申し込みがあった場合、抽選とさせていただきます

[参加方法]
以下のフォームからお申し込みください。

[注意点]
・行程はすべて徒歩となります。歩きやすい靴、服装でお越しください。
・基本的に舗装された道路を歩きます。箱わな周辺は舗装がありません。
・季節柄、虫が多くなりますので、長袖、長ズボン、虫よけスプレーをお勧めします。
・箱わなを触る場合は、軍手等の装着をお勧めします。
・早川駅から一夜城駐車場までは約2km、寄り道しない場合は徒歩で約40分です。
・集合場所、解散場所以外にトイレや自動販売機はありません。

※雨天決行ですが、荒天中止の場合は当日朝8時までにご連絡いたします。
※ハンターバンクのサービス申し込みを具体的に検討している方を対象としています。
※ハンターバンクの仲間探しを効率よく進めるために、参加者個人を特定しない形式で参加者名簿を作成し、当日参加の皆様に配布します。あらかじめご承知おき下さいますよう、お願いいたします。

イベントにて皆様とお会いできることを、心より楽しみにしております!

ハンターバンク事務局

【お問い合せ】
info@odakyu-hunterbank.com

[当日の予定徒歩ルート]

イベントお申し込みフォーム

    携帯番号*

    性別*

    わな猟免許の有無*

    ハンターバンク、サービス内容はなんとなくわかったけど
    誰と一緒にどんな場所でハンティングをするんだろうか?
    ちょっとイメージがわかない…と思っている方へ!

    仲間探し&小田原現地見学イベントのご案内です♪

    箱わなの設置場所などを見学しながら、参加者みんなでフランクに交流しつつ、狩猟仲間を探すイベントです。
    事務局メンバーも参加しますので、サービス内容について確認する場としてもご利用ください。

    小田原、とても魅力的なエリアなので、ぜひお気軽にご参加ください♪

    [日時]
    2022年9月10日(土)13:00~16:00
    ※終了時刻は前後する可能性がございます

    [集合場所]
    JR東海道本線 早川駅 (神奈川県小田原市早川)
    ※東京駅より1時間半ほど、新宿駅より2時間弱ほど

    [解散場所]
    一夜城駐車場(ヨロイヅカファーム、一夜城歴史公園前)
    ※小田原宿観光回遊バス(早川駅経由、小田原駅行)が16:08に一夜城公園バス停を発車しますので、
    そちらに乗車いただく予定です。

    [実施予定内容]
    ・わなを設置している現場のご案内
    ・動物の痕跡さがし
    ・仲間探し
    ・サービスに関するご質問への回答

    [参加費] 無料

    [定員] 20名
    ※定員以上のお申し込みがあった場合、抽選とさせていただきます

    [参加方法]
    以下のフォームからお申し込みください。

    [注意点]
    ・行程はすべて徒歩となります。歩きやすい靴、服装でお越しください。
    ・基本的に舗装された道路を歩きます。
    ・箱わな周辺は舗装がありません。
    ・季節柄、虫が多くなりますので、長袖、長ズボン、虫よけスプレーをお勧めします。
    ・箱わなを触る場合は、軍手等の装着をお勧めします。
    ・早川駅から一夜城駐車場までは約2km、寄り道しない場合は徒歩で約40分です。
    ・集合場所、解散場所以外にトイレや自動販売機はありません。
    ・雨天決行ですが、荒天中止の場合は当日朝8時までにご連絡いたします。
    ※なお、ハンターバンクの仲間探しを効率よく進めるために、参加者個人を特定しない形式で参加者名簿を作成し、当日参加の皆様に配布します。
    あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

    ★★★★★★★★★★★★
    イベント終了後、希望者のみで懇親会をしたいと思います。
    ご希望の方は当日スタッフにお声がけください
    ★★★★★★★★★★★★

    【お問い合せ】
    小田急電鉄株式会社 ハンターバンク事務局

    当日の予定徒歩ルート

    お申し込みフォーム

      携帯番号*

      性別*

      わな猟免許の有無*

      ハンターバンクでは会員さんが使える解体スペースを各地域に用意しています!

      解体スペースには、イノシシやシカの捕獲後に使用する止め刺し用のナイフや槍、と体を運搬する際に使用する舟なども準備しており、会員さんが手ぶらでハンティングできるようになっています。

      今回、会員さん向けに小田原解体スペースの使用方法や道具について説明をする会を開催します。
      捕獲の際の予習(心の準備)、解体のコツなど、取らぬタヌキの皮算用ではありますが、すでにハンターバンクで活動している会員の皆様、まだマッチングしていない会員の皆様に向けて、一度聞いておくと良かったと思える内容です。

      ぜひ、奮ってご参加ください!

      [日時]
      8/20(土)10:00~11:30
      ※終了時刻は前後する可能性がございます

      [集合場所]
      『小田原市いこいの森』
      ※小田原駅西口のロータリー3番乗り場から箱根登山バスに15分間乗車し、終点「いこいの森」下車

      [参加費]
      無料

      [定員]
      20名
      ※定員以上のお申し込みがあった場合、抽選とさせていただきます

      [参加方法]
      以下のフォームからお申し込みください。

      【お問い合せ】
      小田急電鉄株式会社 ハンターバンク事務局

      お申し込みフォーム

        携帯番号*

        性別*

        わな猟免許の有無*

        ハンターバンク、サービス内容はなんとなくわかったけど
        誰と一緒にどんな場所でハンティングをするんだろうか?
        ちょっとイメージがわかない…と思っている方へ!

        仲間探し&小田原現地見学イベントのご案内です♪

        箱わなの設置場所などを見学しながら、参加者みんなでフランクに交流しつつ、狩猟仲間を探すイベントです。
        事務局メンバーも参加しますので、サービス内容について確認する場としてもご利用ください。

        小田原、とても魅力的なエリアなので、ぜひお気軽にご参加ください♪

        [日時]
        2022年8月20日(土)13:00~16:00
        ※終了時刻は前後する可能性がございます

        [集合場所]
        JR東海道本線 早川駅 (神奈川県小田原市早川)
        ※東京駅より1時間半ほど、新宿駅より2時間弱ほど

        [解散場所]
        一夜城駐車場(ヨロイヅカファーム、一夜城歴史公園前)
        ※小田原宿観光回遊バス(早川駅経由、小田原駅行)が16:08に一夜城公園バス停を発車しますので、
        そちらに乗車いただく予定です。

        [実施予定内容]
        ・わなを設置している現場のご案内
        ・動物の痕跡さがし
        ・仲間探し
        ・サービスに関するご質問への回答

        [参加費] 無料

        [定員] 20名
        ※定員以上のお申し込みがあった場合、抽選とさせていただきます

        [参加方法]
        以下のフォームからお申し込みください。

        [注意点]
        ・行程はすべて徒歩となります。歩きやすい靴、服装でお越しください。
        ・基本的に舗装された道路を歩きます。
        ・箱わな周辺は舗装がありません。
        ・季節柄、虫が多くなりますので、長袖、長ズボン、虫よけスプレーをお勧めします。
        ・箱わなを触る場合は、軍手等の装着をお勧めします。
        ・早川駅から一夜城駐車場までは約2km、寄り道しない場合は徒歩で約40分です。
        ・集合場所、解散場所以外にトイレや自動販売機はありません。
        ・雨天決行ですが、荒天中止の場合は当日朝8時までにご連絡いたします。
        ※なお、ハンターバンクの仲間探しを効率よく進めるために、参加者個人を特定しない形式で参加者名簿を作成し、当日参加の皆様に配布します。
        あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

        ★★★★★★★★★★★★
        イベント終了後、希望者のみで懇親会をしたいと思います。
        ご希望の方は当日スタッフにお声がけください
        ★★★★★★★★★★★★

        【お問い合せ】
        小田急電鉄株式会社 ハンターバンク事務局

        当日の予定徒歩ルート

        お申し込みフォーム

          携帯番号*

          性別*

          わな猟免許の有無*

          ハンターバンク、サービス内容はなんとなくわかったけど
          誰と一緒にどんな場所でハンティングをするんだろうか?
          ちょっとイメージがわかない…と思っている方へ!

          仲間探し&小田原現地見学イベントのご案内です♪

          箱わなの設置場所などを見学しながら、参加者みんなでフランクに交流しつつ、狩猟仲間を探すイベントです。
          事務局メンバーも参加しますので、サービス内容について確認する場としてもご利用ください。

          小田原、とても魅力的なエリアなので、ぜひお気軽にご参加ください♪

          [日時]
          2022年7月16日(土)13:00~16:00
          ※終了時刻は前後する可能性がございます

          [集合場所]
          JR東海道本線 早川駅 (神奈川県小田原市早川)
          ※東京駅より1時間半ほど、新宿駅より2時間弱ほど

          [解散場所]
          一夜城駐車場(ヨロイヅカファーム、一夜城歴史公園前)
          ※小田原宿観光回遊バス(早川駅経由、小田原駅行)が16:08に一夜城公園バス停を発車しますので、
          そちらに乗車いただく予定です。

          [実施予定内容]
          ・わなを設置している現場のご案内
          ・動物の痕跡さがし
          ・仲間探し
          ・サービスに関するご質問への回答

          [参加費] 無料

          [定員] 20名
          ※定員以上のお申し込みがあった場合、抽選とさせていただきます

          [参加方法]
          以下のフォームからお申し込みください。

          [注意点]
          ・行程はすべて徒歩となります。歩きやすい靴、服装でお越しください。
          ・基本的に舗装された道路を歩きます。
          ・箱わな周辺は舗装がありません。
          ・季節柄、虫が多くなりますので、長袖、長ズボン、虫よけスプレーをお勧めします。
          ・箱わなを触る場合は、軍手等の装着をお勧めします。
          ・早川駅から一夜城駐車場までは約2km、寄り道しない場合は徒歩で約40分です。
          ・集合場所、解散場所以外にトイレや自動販売機はありません。
          ・雨天決行ですが、荒天中止の場合は当日朝8時までにご連絡いたします。
          ※なお、ハンターバンクの仲間探しを効率よく進めるために、参加者個人を特定しない形式で参加者名簿を作成し、当日参加の皆様に配布します。
          あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

          ★★★★★★★★★★★★
          イベント終了後、希望者のみで懇親会をしたいと思います。
          ご希望の方は当日スタッフにお声がけください
          ★★★★★★★★★★★★

          【お問い合せ】
          小田急電鉄株式会社 ハンターバンク事務局

          当日の予定徒歩ルート

          お申し込みフォーム

            携帯番号*

            性別*

            狩猟免許の有無*

            【こちらのイベントは終了いたしました。】

            ハンターバンク、サービス内容はなんとなくわかったけど
            誰と一緒にどんな場所でハンティングをするんだろうか?
            ちょっとイメージがわかない…と思っている方へ!

            仲間探し&小田原現地見学イベントのご案内です♪

            箱わなの設置場所などを見学しながら、参加者みんなでフランクに交流しつつ、狩猟仲間を探すイベントです。
            事務局メンバーも参加しますので、サービス内容について確認する場としてもご利用ください。

            小田原、とても魅力的なエリアなので、ぜひお気軽にご参加ください♪

            [日時]
            2022年6月18日(土)13:00~16:00
            ※終了時刻は前後する可能性がございます

            [集合場所]
            JR東海道本線 早川駅 (神奈川県小田原市早川)
            ※東京駅より1時間半ほど、新宿駅より2時間弱ほど

            [解散場所]
            一夜城駐車場(ヨロイヅカファーム、一夜城歴史公園前)
            ※小田原宿観光回遊バス(早川駅経由、小田原駅行)が16:08に一夜城公園バス停を発車しますので、
            そちらに乗車いただく予定です。

            [実施予定内容]
            ・わなを設置している現場のご案内
            ・動物の痕跡さがし
            ・仲間探し
            ・サービスに関するご質問への回答

            [参加費] 無料

            [定員] 20名
            ※定員以上のお申し込みがあった場合、抽選とさせていただきます

            [参加方法]
            以下のフォームからお申し込みください。

            [注意点]
            ・行程はすべて徒歩となります。歩きやすい靴、服装でお越しください。
            ・基本的に舗装された道路を歩きます。
            ・箱わな周辺は舗装がありません。
            ・季節柄、虫が多くなりますので、長袖、長ズボン、虫よけスプレーをお勧めします。
            ・箱わなを触る場合は、軍手等の装着をお勧めします。
            ・早川駅から一夜城駐車場までは約2km、寄り道しない場合は徒歩で約40分です。
            ・集合場所、解散場所以外にトイレや自動販売機はありません。
            ・雨天決行ですが、荒天中止の場合は当日朝8時までにご連絡いたします。
            ※なお、ハンターバンクの仲間探しを効率よく進めるために、参加者個人を特定しない形式で参加者名簿を作成し、当日参加の皆様に配布します。
            あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

            ★★★★★★★★★★★★
            イベント終了後、希望者のみで懇親会をしたいと思います。
            ご希望の方は当日スタッフにお声がけください
            ★★★★★★★★★★★★

            【お問い合せ】
            小田急電鉄株式会社 ハンターバンク事務局

            当日の予定徒歩ルート

            【こちらのイベントは終了いたしました。】

            農林業者とのマッチング受付中!

            農林業者とハンターのマッチングの受付を再開いたします!
            大変お待たせ致しました。

            お申し込みをいただいた方から順次、
            ・農林業者とのマッチング
            ・箱わなのレンタル
            ・行政への許可捕獲申請
            を進めて参ります。
            ※連休など市役所が休みの場合、上記お手続きの時間がかかる場合がございます。

            ご希望の方は以下のページからお申し込みください。
            おひとりではなく、グループでのご利用も可能です。
            https://odakyu-hunterbank.com/before_apply/

            みなさまのお申し込みを心よりお待ちしております。

            【お問い合せ】
            小田急電鉄株式会社 ハンターバンク事務局
            info@odakyu-hunterbank.com