お知らせ - ハンターバンク

お知らせ

さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。
狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは
〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

ハンター体験記 Vol.6 鈴木毅人さん

300年間に渡って山林を守ってきたホストさんは、山だけでなく里との繋がりも考えていました。[その2]

鈴木さんの会社がホストとして提供してくれているフィールドは、小田原市の中心部からすぐ近く。周辺には公園やレジャー施設も数多く、休みの日には多くの人が集まるエリアです。そんな場所で山を守っていくためには、関係者しか立ち入らないような山奥の守り方とは違って、里に近い山ならではの難しさもあるようですが……。狩猟とは違う目的で山に来る人が、狩猟に興味を持つようになる。あるいは小田原の山に縁のなかった人が、遠くから来てくれる。そんな相乗効果への期待も、ホストとしてハンターバンクに参加することの面白さだと話してくれました。

──そういえば鈴木さんご自身は狩猟されるんですか?

鈴木さん: 狩猟免許はまだ取ってないですね。興味はあるので、いずれ取ろうとは思ってますけど。ただ、現場では合法な範囲で、止め刺しから解体まで全部経験はありますよ。

──ということは、生きてる獣がどういう流れで肉に変わっていくのか、命がおいしく変わっていくプロセスというのは、実体験として経験値はたくさんあるんですね。

鈴木さん: ありますね。しかも僕の場合、肉に見えてくるタイミングがわりと早いんです。どのくらいの状態から肉に見えてくるか、っていろんな人に聞くんですけど、僕は皮を完全に剥き終わってなくても、もう食べ物に見えてきちゃってますね。

──なるほど。それはなかなかレベルの高い……。

鈴木さん: 魚突きとかもやるんですよ。魚突きって、獣を締めるのに比べてなんでもないかな。と思いきや、やっぱりグロテスクなんですね。魚だって内臓が飛び出たままでも生きていて、逃げていくんで。だからこそ、真剣に捕ってあげないとかわいそうだと思うんです。そこが雑だと、ただの残虐行為になっちゃうんですよ。そういうのずっとやってたんで、獣の場合も、そこに抵抗感はないですね。あと、水族館も回遊水槽とか、見ているともうお腹が空いちゃってしょうがないですね。

──ハンターバンクに参加しているハンターさんとか、狩猟に興味があって見学に来る人だと、そういう人も少なくないでしょうね。

鈴木さん: そうでしょうね。でも、マウンテンバイクのコースに遊びに来てくれているお客さんも、その辺りに興味のある人はすごく多いんですよ。バーベキューで「この山で獲れたイノシシを出します」なんていうと「最高ですね!」と返ってくるような感じで。もちろん個人差はあると思うし、親子で来ているお客さんにとっては「子どもにどこまで見せるか」という部分では「絶対にダメ」という人もいらっしゃいますけど、基本的には皆さん、山が好きなんですよね。だからといって、じゃあレジャーのお客さんに止め刺しから体験してもらえるかといったら、それはさすがに難しいと思うんですが、内臓を抜いて、皮を剥いで……という段階からなら、サービスとして成り立つんじゃないかとも思っています。もうひとつのレジャー施設、ワイヤーで樹間を飛んでいくほうのお客さんはもっとお子さま連れなんですが、この山でも獣が山を荒らしているんだよ、という背景と、だから獲って食べるんだよ、というバーベキューの部分なら提供できると考えています。

───ハンターバンクでの成果って、ハンターさんの場合には「イノシシが獲れた!」という部分でわかりやすいんですが、鈴木さんの会社のような多角経営のホストさんの場合だと、獣害が減ったという実績に加えて、相乗効果への期待もある、ということなんですね。

鈴木さん: そう思ってます。より多くの人、いろんな層の人が来てくれて、そこから狩猟に興味を持っている人がまた小田原に来て、うちの山でちょっとやってみたいな、という人が増えてくれるといいな、と思っていますね。

──実は今回、初めてホストさんにお話をうかがえるということで、なにを持って成果と捉えていらっしゃるのか知りたいと思っていたんですよね。もちろんハンターさんが増えて、猟果も増えて、目に見えて獣の数が減れば、それは大きな成果なわけなんですが……。

鈴木さん: うちの山の場合は、管理してる部分が山奥ではなくて、里山なんですよ。それも近くに公園があったりとか、普通に人が入ってくるような範囲で。その意味ではロープで区切らないと子どもが入ってくる可能性があるような場所ですし、設置した箱わなが歩いている人から見えるなら説明の看板も設置したほうがいいかな、という場所なんです。そう考えると、深い山で深刻な獣害に悩まされているエリアとは、ちょっと違うと思うんですよね。いま、アクティビティー的にハンターバンクを楽しんでいる人がいて、それがだんだん増えて、間口として広がっていく……という規模感でやっていければいいかな、と考えています。あと、野生鳥獣による林業被害というところでは、木の皮をめくられて甘皮を食べられることによって木がダメになる、っというのはもちろんなんですが、うちの山ではそれ以上に深刻なのが、シカであればヒル、イノシシであればマダニなんですよね。この10年でまだヒルは見ていませんが、マダニはうちのスタッフでも結構やられています。いずれ丹沢あたりからシカが入ってくれば、間違いなくヒルもついてくるわけで、気持ち悪いですよね、お客さんとしたら。丹沢では実際にそれで潰れたレジャー施設もありますし、もうギリギリのところだと思います。うちの山でトレイルランニングしていても、10年前には足を出したスタイルで走っていて平気だったのが、最近はシューズの中に入っていたりしますからね。そういう意味で、レジャーのお客さんのためにも、山の獣が増えないように、これ以上は降りてこないようにしておきたいわけです。でないと、マウンテンバイクを習いに来た子どもさんや、散歩の犬が、マダニを連れて帰ることになりかねないので。それは絶対に避けたいんですよね。

──そのあたりは「山奥での食害が減った」という話とは別の、里に近い山ならではの成果、ということなんですね。

鈴木さん: そもそもハンターバンクって、ひとつの場所だけで展開していくものではなくて、地域を広げていったり、面で考えていかなきゃならないものだと思うんですよね。獣は山から山に移動しますからね。その意味では、濃度としては高くなくても、横につながりながら広くやっていくのが大事だと思うので、いろんな地域でいろんな成功事例が増えていくといいですよね。

 

──本当にそうですね。ありがとうございました。

鈴木毅人さん(すずき・たかひとさん)

自然に関われる仕事を探して東京から移住し、小田原でちょっと変わった林業会社に転職。これからの林業、山林経営を考える中で必要と思う森林のレジャー業を展開してきましたが、そこでハンターバンクのホストも行うことになり、担当者として奮戦中。趣味はトレイルランニングで、ジビエも大好き。

ハンター体験記

さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。
狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは
〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

ハンター体験記 Vol.6 鈴木毅人さん

300年間に渡って山林を守ってきたホストさんは、山だけでなく里との繋がりも考えていました。[その1]

狩猟の現場が遠い都市生活者でも、全くの未経験者でも、そして、場合によっては狩猟免許の取得がまだでも……興味と熱意さえあれば誰でも気軽に、しかも手軽に狩猟生活をスタートできるのが、ハンターバンクの最大の魅力。そんなハンターバンクのフィールドでは、さまざまなバックグラウンドを持つハンターさんたちが、自分らしいスタイルで、今日も〈山の恵み〉である獲物たちと向き合っています。

さて、ここまで5人のハンターさんにお話をうかがってきましたが、今回はハンターではなく、ホストさん。ハンターさんに箱わなを置く場所を提供したり、日々の見回りをしてくれる農林業者さんたちです。今回のホストさんはここ小田原の荻窪で、300年間に渡って山林を守ってきた林業会社。担当者の鈴木毅人さんは、ハンターバンクに参加することで、自分たちの山だけでなく周囲の山々や、その先のことにまで広がる想いを聞かせてくださいました。

──今回はホストとしてハンターバンクに参加している人を、ということでご紹介をいただいたんですけれども、鈴木さんは林業の会社にいらっしゃるということでいいんですか?

鈴木さん: 自分はレジャー業からこの仕事に入っていましてね。この小田原に山を持っているのはうちの代表で、70ヘクタールほどの山を300年ほど守ってきて、当代で八代目になるんですけれど、まあ今は木が高く売れないので、林業としてはやりづらいわけですよ。そういった中で、こりゃ木を刈って売る、いわゆる林業だけではダメだということで、多角的な経営を取り入れていて、今はレジャー業も展開してるんです。そこで自分は、樹上に張ったワイヤーにハーネスでぶら下がって、空を飛んでいくアスレチック施設とか、あとマウンテンバイクのコース運営なども担当しています。

──あ、先日フィールドを見に行ったときに、マウンテンバイクの人たちもたくさんいましたね。

鈴木さん: あと、そういったレジャー業とは別に、農園もやっているんです。季節によって梅だったり、タケノコだったり……そういう意味では、林業だけではなく農業の視点からも山を見ているかな、というところかもしれませんね。

──面白い会社なんですね。

鈴木さん: そうですね、あまりないケースなんです。なので、林野庁さんをはじめ多方面から注目されているかも知れません。エネルギー関係でもメガソーラーとかやってますし、水力発電が元々あったり、そういったものを全部総合した、多角的な山林経営というところで、色々なところから視察に来られます。

──なるほどね。で、鈴木さんご自身は、そこの会社に入る段階では、いわゆる木こりさんになるつもりだったんですか。

鈴木さん: いや、自然に関われる仕事を探して、東京から移住して、ここ小田原のアウトドアレジャー施設のマネージャーに、とお声がけいただいたんですけれど、もっと面白いことを仕掛けたいですね、という話を代表としまして、今はいろんなことをこの山でやっている……というところですね。

──じゃあ「山で飯を食ってくぞ」という思いが、そこで現場とフィットして、今に至るわけですね。

鈴木さん: はい、そうです。今は使われない山が多いので……特に里山、町に近い山ですね。小田原の場合、市街地からクルマで5分、高速道路からなら降りて3分という山なのですが、でもそこに300年の木なんかが生えてるわけですよ。で、せっかくそんな山を持っているにもかかわらず、林業として成り立たないってのは残念なことなんですが、でもまあ林業は繰り返しますので、また先々その木が売れるはずなので、それまできちんと山を管理すること、どうやって維持するかということが大事なので、今はそういった仕事をして10年になりますね。山そのものは江戸時代からで、代々ずっと個人で山を管理されていたんですよ。レジャー業も先代まではやってなかったので、新しい取り組みなんですけどね

──鈴木さんご自身にとっては、こちらにジョインされて、実際に自分のフィールドができて、その時点では野生鳥獣被害というのは認識があったんですか?

鈴木さん: もちろん自然の仕事の中には野生鳥獣被害対策なんかもあるとは知っていたんですが、実際にその山に入ってみて……というか、趣味がトレイルランニングなんですよ。もともとトレランの為に、実はその山にはもう入っていたんですね。で、まあ10年前には尾根沿いにしかいなかったシカが、今はどんどん下りてきて、もうすぐ隣にシカがいるという状態ですね。食害の面積も広くなって、個体数も圧倒的に増えたんだろうな、というのが実感です。まだ小田原はそこまで害がひどいということではないんですけど、個体数ってある程度に達したところから、いきなりぼんと増えるじゃないですか。真剣に対策しなきゃいけないね、と考えるようになったのが、5〜6年前ですかね。

──イノシシはどうですか?

鈴木さん: 増えてますね。イノシシの場合は明らかに形跡を残していくので、足跡以外にも、掘り返しの跡とか、もう至るところにある状態ですね。掘り返すことによって虫を食べたりするんですけど、それで根がダメになって、ミカンの木がやられてしまったり、あとタケノコ、食われちゃうんですね。タケノコ守るのに竹柵を作って……今の日本では竹そのものも田畑を侵食したり家屋の床を突き破ったりで竹害といわれたりしていますが、うちの山では獣害を竹害対策で対策する、みたいなことになってます。まあ山の獣は移動するんで、餌が食べられないとなれば隣に行きますし、隣りがダメになれば戻ってきたり、もうずっと追いかけっこというか、戦っていますね。

──ハンターバンクのホストになって、いろいろなところからハンターさんが通ってくるようになる前から、このエリアにも狩猟者さんがいらっしゃったと思うんですが、積極的に山の獣の相手をしてくれる人たちと連携していく、というアプローチは、どうだったんですか。

鈴木さん: もちろん猟友会さん、山に入ってくる人たちが3団体くらいあったんですが、管理してる側としては、連絡もくれないでそこら辺で勝手にやらないでくれ、という感じもありましたね。例えばレジャーのお客さんのところにまで獣を見失った猟犬が飛び出してきちゃったりして……休みの日だと子ども連れの家族が300人くらいいるわけですが、怖い思いをさせちゃったりしたことも……そうですね、色んなお話がありました。

──それでも狩猟で山の獣を押し返していかないと、シカもイノシシもどんどん増えて、山林経営はますます難しくなっていく、という……。

鈴木さん: そうですね。しかも山林経営の多角化ということで、レジャーのお客さんもたくさんいらっしゃるわけで、なにかと難しい部分もあったんですが、そこで出会ったのが、まさにうちのニーズにピッタリな、ハンターバンクさんだったんですよ。事業モデルが箱わな猟ということで、放たれた猟犬がレジャーのお客さんを驚かせることもないし、効果的な設置場所もこちらで検討できますし、都市部から新しいハンターさんが来てくれるわけですからね。

──いわゆるWin-Winな関係性、ですね。

鈴木さんのお話は[その2]へと続きます。

鈴木毅人さん(すずき・たかひとさん)

自然に関われる仕事を探して東京から移住し、小田原でちょっと変わった林業会社に転職。これからの林業、山林経営を考える中で必要と思う森林のレジャー業を展開してきましたが、そこでハンターバンクのホストも行うことになり、担当者として奮戦中。趣味はトレイルランニングで、ジビエも大好き。

さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。
狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは
〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

ハンター体験記 Vol.5 小蝶辺明日子さん

大きな自然の循環の中に、ハンターバンクで自分の居場所が作れました。[その3]

動物の痕跡を探しながら、ひとり静かに山林を忍び歩いて……。ふんわりと思い描いていたという、そんな〈狩猟者さん〉のイメージとは、ずいぶんと違ったスタイルで狩猟デビューをすることになった小蝶辺さん。存在すら知らなかった〈箱わな〉でのハンター体験は、実際に自分で手を動かしてみれば、いろいろと納得のいくものだったようです。

──ところで、小蝶辺さんが最初におっしゃっていた狩猟者のイメージ、山で動物の痕跡を追いながら、最後はひっそりと近づいて……といったスタイルでは、基本的には銃を使わないと捕獲は難しいと思うのですが、それはこれからの挑戦で、ということですか?

小蝶辺さん: もともと狩猟者さんに対する私のイメージが、そういう山歩きの感じだったんですよね。狩猟といえばまず鉄砲、そうでなければくくりわな、みたいに考えていて……実は〈箱わな〉なんて、その存在すら知らなかったんです。それがハンターバンクで箱わな猟を体験して、設置とか誘引とか準備の手間はかかるけど、上手にできれば効率のいい手法のひとつなんだな、ということもわかったんですよね。それに、初心者でも危険性が少ない、という点は、箱わなでの捕獲を経験してみて、実感しましたね。実際に箱わなの中でイノシシが突進する様子とかを見ると……私たちの箱わなに入ったのはそんなにサイズの大きいイノシシではなかったんですが、それでもやっぱり「すっごく力が強いんだなあ」と思ったんで。あれがくくりわなだったとしたら、ちゃんと脚にかかっていても、イノシシはワイヤーの長さの分だけ……まあ、かなり動けるわけですよね……。

──くくりわなの獲物に近づくには、細心の注意だけでなく、度胸も必要でしょうね……。

小蝶辺さん: そういうわけで、単独でも狩猟するとなったら、まずは箱わなから始めて経験を積んでいくのが無難な気はするんです。とはいえ単独でいきなり箱わな猟を……というのも、猟ができる、箱わなが置ける場所を探したり、運ぶ手段を用意したり、そもそも自分だけで高価な道具をあれこれそろえたりするのは初心者には難しいわけで、誰か師匠を見つけて教えてもらうしかないのかな……。その点でも、まだ狩猟免許を持っていない素人の、右も左も分からない段階でも飛び込める、というハンターバンクのサービスは、ありがたかったですね。

──都市部の住人としては、そもそも土地勘もない、知り合いもいないところで狩猟することになるわけですからね。その中で、新米に優しくて教えるのが上手なベテランの狩猟者さんと出会う、というのは、現実的にはなかなか……。

小蝶辺さん: 私たちのグループではサポート付きのサービスを選んだんですが、マッチングしたホストさんやサポートハンターさんが本当にいろいろと助けてくださって、教えてもらうだけでなく、現場でのサポートがすごく手厚かった、っていう印象がありますね。狩猟にまつわるいろんなことを一気に経験できて、その中で、自分として「狩猟と、どう向き合いたいのか」というところまで改めて考えることができたのも、すごくよかった。

──なるほど。新米ハンターさんが銃を使ったグループ猟でデビューしたとしても、例えば自分の目の前に獲物がちゃんと現れるとは限らないし、現れたとして、自分で撃ててもちゃんと当たるとは限らないわけですものね。それで「獲物を仕留めた」というところまでを「一連の経験」だとすると、その一連の経験ができるまで、1シーズンや2シーズンでは足りないことも……。

小蝶辺さん: かなり時間がかかるでしょうね。実は私たちのグループにも銃猟の免許を持っているメンバーがいるのですが、グループ猟での経験としては、解体はみんなでやったけど止め刺しはまだ……みたいな話でした。それが箱わな猟なら、捕獲から止め刺し、解体までを一連の、自分の行為としてちゃんと経験できる、というのは大きかったですね。

──では逆に、ハンターバンクがもっとこうだったらいいな、と感じたことは、なにかありますか?

小蝶辺さん: どうですかねえ……パッと出てこない。あ、でも、これは私の考えが甘かっただけかもしれませんが、獲物がかかると「こんなにたくさんの肉ができちゃうよ」っていう現実は、先にわかっておきたかったですね。

──そこは……いよいよご自宅に冷凍ストッカーを、ですね。お話、ありがとうございました。

小蝶辺明日子さん(こちょうべ・あすこ)

大きな自然の食物連鎖に憧れて、自分もその一部になりたい、という子どものころからの願望を、ついにハンターバンクで実現。お仕事では生物多様性のマクロな世界もテーマとして扱っていらっしゃいますが、もともとは分子生物学のミクロな世界を勉強されていたそうで、いまや粘菌からイノシシにまで循環の輪が広がった新米ハンターさんです。

さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。
狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは
〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

ハンター体験記 Vol.5 小蝶辺明日子さん

大きな自然の循環の中に、ハンターバンクで自分の居場所が作れました。[その2]

ハンターバンクと出会ったことで、子どものころからの憧れだった、大いなる自然の循環の一員になることができた小蝶辺さん。あれこれと苦心しながらも、めでたく猟果に恵まれて、無事に止め刺しや解体を経験できました。ところが、長年の夢が現実となったその瞬間は、それまで考えてもみなかった、意外な課題を突きつけてきたそうです。

──さて小蝶辺さん、ハンターバンクでの活動をスタートしてから3カ月ほどで猟果に恵まれた、ということで、初めての止め刺しや解体も興味深く、楽しく経験されたわけですね。で、その後にはまさに食物連鎖として〈食べる〉という行為ができるようになるわけですが、そこはどんな感じだったんですか?

小蝶辺さん: 実はですね、その〈食べる〉という行為の前の段階で……解体して、切り分けた肉を持ち帰る、というところがすごく、たいへんだったんです……。理想のイメージとしては、本当に余すところなくきちんと食べて、というのを思い描いていたんですけれど、その日は親イノシシと子イノシシで一度に3頭も獲れて、それをなんとか止め刺しして、解体して、それだけでもう、ありがたいというより疲れ果ててしまって……。作業が雑になってしまったのも反省しているんですが、私たちは6人のグループで活動していて、その日は参加できたのが3人だけだったんですよ。そもそも自分は一人暮らしだし、そんなに消費できないのだから少しだけ分けてもらえればうれしいな、ぐらいの気持ちでいたんですけれど、結局その日は3人でその肉を持ち帰らなきゃいけない、ということになって、それがプレッシャーに変わってしまって……正直なところ、ちょっとつらかったんです。

──全部で何キロあったんですか?

小蝶辺さん: トータルでは量っていないのでわからないんですが、私が持ち帰ったのは、骨付きの状態で6〜7キロぐらいでしたね。しかも、その日に参加した別のメンバーの一人も、それほど大量の肉は持って帰れない、ということで、なんか最後の一人に押しつけるみたいな感じになっちゃって、すごく心苦しかったんです。あの人、一人で20キロぐらい持って帰ってくれたんじゃないか、っていう……。

──そのあたりは事前に具体的なイメージができていなかった、というか、ギャップがあったということなんでしょうか……。

小蝶辺さん: そうですね。自分の家の冷凍庫も一人暮らし用のサイズだし、既にいろいろと食材が入ってるところに肉を入れなきゃならないわけで、そうなると、それほど量を持って帰れないのだけれど、でも仕留めちゃったし……みたいな状況になってしまって、もっとちゃんと覚悟したうえで臨んだほうが良かったな、というのは、すごく感じました。理想と現実のギャップというか、それまではまず肉をキロ単位で考えたことがなくて、それがどれぐらいの分量になるのか、というようなことを認識できていないまま現場に臨んでしまったな、という……自分の甘さですね。

──これから技術が向上してコンスタントに獲物が掛かるようになってきたら、冷凍ストッカーも必要になってきますよね。

小蝶辺さん: 皆さんそうおっしゃいますね……冷凍ストッカーないと収拾つかなくなるよ、って。あと、やっぱり個人消費だと食べられる量も本当に限られているわけで、有害鳥獣駆除としてたくさん捕獲するといっても、そこは個人消費の限界を感じました。だからこそ、それがちゃんと食肉流通とかでうまく循環できるシステムが大切だし、必要なんだな、と思いますね。

──まあでも反省点はあるとして、ともかく実際に食べるところまでいったわけですよね。自分で獲った肉を食べてみて、率直な感想としては、いかがでした?

小蝶辺さん: 実はその、獲った当日にいろんな部位をちょっとずつ切って、さっと焼いて、本当に塩味だけ、ちょろっと塩を振っただけで食べ比べたんですが……。

──それはなかなか面白い食べ比べですけど……。

小蝶辺さん: それが……美味しいとは思えなくて、すごい血生臭さを感じて、これやっぱり止め刺しが悪かったのかな? それともその後の解体処理が悪かったのかな? とかいろいろ考えちゃって……。で、あんまり美味しいと思えない肉がまだこんなにもあるんだ、という負担を感じつつ、骨を外して冷凍庫に詰め込んだんです。ですが、その後に煮込み料理なんかにしてみたら、それはわりと美味しくできまして、改めて「なんだこれ美味しいんじゃん」と思っているところです。疲れ果てて帰った当日に、ちゃんとした味付けもしないで焼くだけで食べたのは、なんだか固くて美味しくなかったわけですが、それがちゃんと調理をしたことで変わったのか、ちょっと時間が経って肉質そのものが変わったのか……そこはよくわからないんですけれど、とにかく初日に「美味しい!」と思えなかったのは、それはそれでショックでしたね。

────まあその肉は手際の問題もあって、いささか放血不良があったかもしれませんし、解体の直後で肉の固さもピークなところを味見しちゃった、ということで、それはなかなか厳しいものがあったんでしょうね。

小蝶辺さん: 全然これ美味しくないんだけど、って他のメンバーもボヤいてました。

──ともあれ、それは肉として美味しいか美味しくないか、という観点での感想なわけですが、自分の手で作った肉として食べた、という点では、どうでしたか? もちろんそれが初めての経験だったと思うんですが……。

小蝶辺さん: 正直なところ、その日は丸1日かけて、本当にいろいろと初めての経験をして、かなり疲れていて、おまけにちょっと食べたら美味しくない!というショックもあって、もう「これを消費しなきゃいけないのか……」というプレッシャーが大きくて……。止め刺しとか解体そのものは楽しかったんですけど、家に帰ってみれば、なにかを達成したというよりは、ネガティブな気持ちのほうが大きかったですね。

──自分が思い描いていたジビエとは違った、という感じですか?

小蝶辺さん: そうなんです。それまでにもイノシシとか食べたことはあって、その時は美味しかったんです。というか、どちらかというとヤギとかヒツジとか、獣臭い肉は好きだったんですよね。だから、自分で獲ったイノシシを食べたら絶対に美味しい!と感じるはずだ、ってタカをくくってたんですけど、実際にはあれれ?という……。ジビエ料理でいわれるところの、いわゆる獣臭さというのは、きちんとしたプロの料理人の演出としての獣臭さだった、というのがよくわかりました。

──じゃあ次の獲物では、美味しくなれ!と思いながら、止め刺しでいかにキレイに放血させるか……みたいなところがポイントですね。

……ということで、リアルな「新米ハンターあるあるネタ」をご披露いただいた小蝶辺さんですが、今回のお話はもう少しだけ……[その3]へと続きます。

小蝶辺明日子さん(こちょうべ・あすこ)

大きな自然の食物連鎖に憧れて、自分もその一部になりたい、という子どものころからの願望を、ついにハンターバンクで実現。お仕事では生物多様性のマクロな世界もテーマとして扱っていらっしゃいますが、もともとは分子生物学のミクロな世界を勉強されていたそうで、いまや粘菌からイノシシにまで循環の輪が広がった新米ハンターさんです。

さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。
狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは
〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

ハンター体験記 Vol.5 小蝶辺明日子さん

大きな自然の循環の中に、ハンターバンクで自分の居場所が作れました。[その1]

狩猟の現場が遠い都市生活者でも、全くの未経験者でも、そして、場合によっては狩猟免許の取得がまだでも……興味と熱意さえあれば誰でも気軽に、しかも手軽に狩猟生活をスタートできるのが、ハンターバンクの最大の魅力。そんなハンターバンクのフィールドでは、さまざまなバックグラウンドを持つハンターさんたちが、自分らしいスタイルで、今日も〈山の恵み〉である獲物たちと向き合っています。

子どものころから憧れていた、大きな、大きな自然の循環。それは食物連鎖の仕組みの中に、自分も食べ、そしていつかは食べられる存在としてありたい……というユニークな発想でした。そんな小蝶辺明日子さんが大人になって知ったのは、狩猟という行為は、他の生き物の命を食べるということ。すなわち、自然の循環に積極的に関われる手段のひとつだということです。そして、そこにはハンターバンクがありました。

──まずはハンターバンクに参加したきっかけからうかがいたいのですが、もともと狩猟に興味があったとか、家族にハンターさんがいらっしゃったとか……。

小蝶辺さん: いや、ただただもう個人的な興味が子どものころからあった、って感じですね。そのころに狩猟という言葉がどんな意味なのか知っていたわけではないのですが、生き物が生き物を捕まえる、みたいな、食連鎖的なところから来ている興味なんです。

──食物連鎖とか弱肉強食とか、子どもにとって興味の対象になりやすいテーマではありますが、その食物連鎖の中に自分が入ろう、とは、なかなかならないと思います。それは「私も食物連鎖の上の方に行くぞ」みたいなことだったんですか?

小蝶辺さん: それはちょっと違って、食物連鎖のピラミッドの頂点というよりは、自然界で巡り回って循環している、その中に自分も入る、というイメージが強かったんですね。根っこにあるのは、自然の偉大さへの憧れだと思います。自分が死んだら動物や微生物に食べられたりして、自分が上に立つだけではなく、大きな自然の中の一部になりたいな、みたいな憧れが、ずっとあったんです。もっとも、循環の一部になりたいという基本的な想いと、そのうちのひとつが狩猟なんだ、とわかったのは、大人になってからですけどね。

──なかなかユニークなお子さんだったわけですね。そして大人になって、気がついて、ついには〈狩り〉がしたくなった、という……。ハンターバンクに参加される前にも、例えば狩猟の見学に行ったり、動物解体ワークショップみたいなことを体験したり、ということはあったんですか?

小蝶辺さん: 私の場合はハンターバンクが初めてですね。実は仕事の関連で有害鳥獣への対策なんかを調べているうちに、たまたまハンターバンクを見つけて、すぐに飛び込んだ、って感じでした。仕事の関連というのは生物多様性のリサーチだったりするんですけれど、その分野でもイノシシやシカが増えているのが問題だ、と聞くので、ちょっと面白いなと調べていくうちに……。

──そうすると小蝶辺さんの中では、自然の大きな循環の中に自分も居場所を見つけたいという長年の想いと、生物多様性について考えていく時に避けることができない有害鳥獣対策どう向き合うかということが、ハンターバンクという場所でちょうど交わった、ということなんですね。

小蝶辺さん: そうですね。そもそも狩猟っていきなりは入りづらい世界で、どこで何をしたらいいのかもよくわからないわけですが、そういう素人でもとりあえず飛び込める、という環境だったのが、すごく良かったと思います。

──なるほど。で、実際にハンターバンクで狩猟という活動をされて、試行錯誤があって、やっと猟果に恵まれる日が来たわけですが、大きな食物連鎖、自然の循環の話からすると、実際にそれが現実になって、どういう感じだったんですか?

小蝶辺さん: こういう言いかたはちょっと良くないのかもしれないですけど、止め刺しとか解体とか初めてのことばかりで、この関節はこう動くんだとか、この筋肉はこの骨につながってるんだとか、そういうところからして、すごく楽しかったんです。もちろん反省点もあって、止め刺しがうまくいかなくて時間がかかってしまったり、解体もきれいにできなかったり……もっと冷静に、ささっとできるようになりたいな、っていう想いが強くなりました。さっと止め刺しできたほうが動物にとってはいいのかな、というのもありますし、血管の位置とかもっと勉強しとけば良かったな、とすごく反省しました。そこから解体までの技術向上というのも、その後で肉を食べるという意味で、せっかく捕ったのだからおいしい肉にしたいよね、という気持ちになりました。でもまあイノシシも箱わなの中で動いていますし、なかなか難しかったですね。

──ともあれ、ハンターバンクに参加して、捕獲から止め刺し、解体をして、命が肉に変わるというところを経験したことで、これで自然の大きな循環の一部になれた、というわけですね。

小蝶辺さん: そうですね。まあ昔は釣りもしてたんですが、鶏を締めたりとかはしたことがなかったので、食物連鎖の中で考えると、魚の次がイノシシで、自分もいまそこに、ということですね。

──大きな自然の循環、という視点で、なかなかユニークな狩猟観をお持ちの小蝶辺さん。ところが実際の猟果に恵まれて、いざ自分の手で肉を得てみると、そこには考えてもみなかった意外な問題が……。

小蝶辺さんのお話は[その2]へと続きます。

小蝶辺明日子さん(こちょうべ・あすこ)

大きな自然の食物連鎖に憧れて、自分もその一部になりたい、という子どものころからの願望を、ついにハンターバンクで実現。お仕事では生物多様性のマクロな世界もテーマとして扱っていらっしゃいますが、もともとは分子生物学のミクロな世界を勉強されていたそうで、いまや粘菌からイノシシにまで循環の輪が広がった新米ハンターさんです。

【参加無料】イノシシ解体講座@オンライン!

島根県の「㈱おおち山くじら」社長 石崎氏による、イノシシ解体講座です。

ジビエのプロ目線で、美味しいジビエにする解体方法を学んでいただけます。

参加費無料ですので、ぜひお気軽にご参加ください!

[日時]

11月28日(月)19:00~21:00

(終了時刻は前後する可能性がございます)

[開催方法]

Zoomを使用したオンライン開催

(URLは自動返信メールにてお送りいたします)

[プログラム内容]

・解体に使う道具の紹介

・美味しいお肉にするための解体方法レクチャー

・おすすめ料理の紹介

・質疑応答

[登壇者略歴]

1978年生まれ。北海道大学大学院農学研究科で林学を修めるが、研究フィールドの天然林がひと冬でエゾシカに食いつくされたのを見て、研究対象を森林からシカに変える。

国内狩猟肉の製造や卸売業を営むかたわらで、シカやイノシシなどの野生獣肉を<伝統肉>と再定義した「NPO法人伝統肉協会」理事長として、獣肉食文化の普及啓発にも尽力中。

現在ハンターバンクの事務局も務める。

※㈱おおち山くじら

島根県美郷町にて、駆除捕獲された猪の約80%を回収・処理し、その肉や皮を地域資源として役立てる取組みづくりを行う。野生猪の食肉処理を中心に事業を展開。

イベントにて皆様とお会いできることを、心より楽しみにしております!

お申し込みフォーム

    性別*

    わな猟免許の有無*

    さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。
    狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは
    〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

    ハンター体験記 Vol.4 溝口尚重さん

    旅から持ち帰った〈想い〉は、ハンターバンクで〈現実〉になりました。[その2]

    若き日の旅の記憶に鮮明なのは、アジアの寒村で目にした、ホカホカと湯気を立てる豚の解体の光景。それ以来、ずっと抱えてきたのは「自分が食べるものなのだから、すべてを自分の手でやってみたい」という想いでした。そんな長年の夢をハンターバンクで実現させた溝口さんの中では、はたしてなにかが〈変わった〉のでしょうか? それとも……。

     

    ──さて溝口さん、ハンターバンクに参加されて、猟果にも恵まれて、念願かなってチベット族の村で見た屠殺と解体の記憶を、やっとご自身でも追体験できた……というわけですね?

    溝口さん: ハンターバンクの話を聞いて「これはいい機会だ」と思って参加を決めたわけですが、そのときはまだ狩猟免許の取得にはこだわっていなくて、まずは参加させてもらって、あわよくば自分でも肉がさばければな、くらいの感じでした。それが実際に参加したら、運良く2頭もかかりまして、いよいよ自分の手で〈肉を作る〉機会が持てることになったわけです。

    ──チベット族ではないにせよ、昔の日本でも、魚を獲って、締めて、さばいて食べるというプロセスの次の段階としては、例えば飼っていた鶏を締めて、解体して食べるというステップもあったわけですが、溝口さんの場合には魚釣りからイノシシの捕獲と止め刺し、解体へと一気にジャンプしたんですよね。

    溝口さん: ああ……あまりそこには躊躇がないというか、魚も鶏も豚もイノシシも同じかな、という感覚で、どうせ同じだったらデカいやつのほうがチャレンジングだな、くらいですね。

    ──冒険、という感じでもなかったということですか?

    溝口さん: ハンターバンクに参加すると決めてから、実際にその瞬間が来ることはわかっているというか、むしろその瞬間が早く来ないかな、と思っていたわけで、その間にいろんなシミュレーションはしてたように思います。解体の手順はああして、こうして……多分、想いがくすぶっている期間が長かったんで、気持ちの中では「自分が食べるものだから、自分で作るんだ」というイメージが醸成されていたんじゃないですかね。あの旅が23歳のときですから、もう、26年前……結構な期間ですね。まあ、人は当たり前のように肉を食べているわけで、だとすれば誰かが生き物を殺して、その肉を作っているわけなんです。それを、食べている自分だけが、なにかきれいな感じでいるのは変だな、と思うんですよね。

    ──それはその通りなんですが、でもスーパーマーケットでパックの肉を買ってきて、料理して食べていても、なかなかそこまでには思いが至らないですよね……。

    溝口さん: いま話しながら、自分の中になにか源流みたいなものがあるのかな、と思い出してたんですけれど、九州に住んでいた小学生ぐらいのとき、養鶏をしている親戚がありまして、正月に訪ねると鶏料理がいっぱい出てくるんですよ。これ、いま締めたばっかりだよ、って感じで。その直前に子どもたちは鶏と遊んでいて、戻ってきて部屋に入ると、さっきまで遊んでいた鶏の仲間が、美味しい肉になって並んでいるわけです。そこで、いとこの子なんかはショックで泣き出しちゃったんですけど、ぼくは食べることができたんですよね。そうか、たしかにさっきも鶏と遊んでいたけど、いまここにあるこれって、食べものだよな、と。それはそれ、これはこれ、と切り分けて、泣かずに美味しく食べることができた、というのが、源流としてあるのかな、と思います。

    ──そうかもしれないですね、それは。

    溝口さん: 生きていればそれは動物なんだけど、でも食べるものに変わるんだ、と、実際に目の前で置き換わって、たぶんそこで初めて気づいたというか、理解したんだと思います。それからチベット族の話だけじゃなく、パキスタンでも宿の主人が「これから鶏を締めて、美味しいディナーにするからね」と話してくれたりして、その辺を駆け回っているニワトリとかヤギとか「これ今夜のオレたちの晩メシなんだなあ」という目で見ていたので、あまり違和感がないというか、かなり前から「そういうものだ」と思ってたのかもしれませんね。それに……これちょっと哲学的というか思想的な話かもしれませんけれども、命は循環する、というか、感謝しながらいただいて、いつか自分が死んでも、もしかしたらまた鳥が食べるかもしれないし、あるいは微生物が分解して……という食物連鎖の中に、自分の肉体そのものはあるわけですし……そういう意味では動物をそんなに特別視していないというか、感情論よりも事実として、命をいただいて、また返して、みたいな流れの中に自分もいるんだな、とは思ってたような気がします。感情が入っていないわけではないのですが……。

    ──感情が入っているかどうか、ではなくて、感情とは別の軸もちゃんとある、という印象でお話をうかがっていました。客観性が失われていない、というか、それが理系センスなのかなあ、と……。

    溝口さん: まあでも、実際にイノシシを解体したときには、内臓がすごく温かくて、その温かい中に手を差し入れて引き出すというのは、ちょっと想像の域を……理系センスとか客観的な見方とかを超えていたな、とは思いましたけどね。それに、ウリ坊が……止め刺しは首をかき切って締めたんですが、まさに手の中で命が失われていく、というのを自分で体験したので、さすがにグッと来るものがありました。ああ、いただいちゃったな、と……。

    ──なるほど……。ところで、狩猟免許はどうなったんですか?

    溝口さん: 猟果のあとになりましたが、ちゃんと取得しました。でも、自分の場合もそうでしたけれど、興味はあっても機会のなかった人が、狩猟免許の取得がまだでも狩猟体験ができるというのはハンターバンクの最大の魅力ですから、皆さんぜひチャレンジしてほしいな、と思います。狩猟をしている人たちを探すのもなかなか難しいし、たとえ見つかったとしてもその人たちが受け入れてくれるかどうかもわからないわけですが、ハンターバンクのようなサービスがあると敷居が下がって、まず「やってみる」ということができるのは、メリットが大きいですよね。それに、獣害で困っている農家さんの助けになる、というのもいいですよね。

    ──さらなる猟果、期待しています。ありがとうございました。

    溝口尚重さん(みぞぐち・なおしげ)

    ハンターバンクで挙げた猟果を前にして、旅の記憶の中の〈想い〉を、ご本人いわく「ずっとくすぶらせてきた」という宿題の答え合わせは、狩猟欲とはどこか別種の、それはでは人まかせだった「肉を得るプロセス」を自分の手で確かめることができた、という達成感だったようです。ノスタルジーかと思ったら、きっちり理系なお話でした。

    さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。
    狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは
    〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

    ハンター体験記 Vol.4 溝口尚重さん

    旅から持ち帰った〈想い〉は、ハンターバンクで〈現実〉になりました。[その1]

    狩猟の現場が遠い都市生活者でも、全くの未経験者でも、そして、場合によっては狩猟免許の取得がまだでも……興味と熱意さえあれば誰でも気軽に、しかも手軽に狩猟生活をスタートできるのが、ハンターバンクの最大の魅力。そんなハンターバンクのフィールドでは、さまざまなバックグラウンドを持つハンターさんたちが、自分らしいスタイルで、今日も〈山の恵み〉である獲物たちと向き合っています。

    アジアを旅したバックパッカーが目を奪われた、片田舎の村で見た屠殺と解体の光景。それまでは深く考えることもなく口にしていたブタ肉の、豚から肉になるまでの一連のプロセス。それ以来「食べるなら、自分で肉にしてみたい」という想いが長年にわたってくすぶっていた、という溝口尚重さんにとってのハンターバンクは、いちどは経験してみたかった屠殺と解体が、自分の手で実現できる場所でした。

    ──ハンターバンクに参加される〈きっかけ〉も皆さんさまざまだとは思いますが、溝口さんの場合には「獣を獲る」という〈狩猟〉よりも「肉にする」という〈屠殺〉や〈解体〉への想いが強かったようですね。まずはその出どころのエピソードから、お話をうかがえますか?

    溝口さん: もう20年以上も前のことなんですが、若いころにはバックパッカーだったんですよ。まあ貧乏旅行で、中国とかインドとか、東南アジアあたりを8カ月ぐらい、あちらこちらフラフラと旅をしていたんです。そんなある日、たまたまチベット族の村で、これから豚を屠殺するぞ、という、どこか物々しい感じの庭先に遭遇しちゃったんです……。結構な奥地のほうまで行くと、当時でも豚とか鶏とか、みな自分たちで普通に締めて、食べていたんですよね。

    ──庭先! 戦前ならともかく、さすがに当時の日本ではもう見ることのできなかった風景ですね。

    溝口さん: でしたね。それで、その日はめちゃくちゃ寒かったんですけれど、結局はなんだか3時間ぐらい、ずっとそこで見ていたんです。おそらくはその家の主人の手で屠殺され、解体されて、最後にはホカホカと湯気を立てる、いわゆる大バラシの状態になったわけです。それまで自分でも日常的に食べていたブタ肉が、まだ生きている豚の状態から大きな肉の塊になるところまでを見たのは、もちろんそれが初めての経験でした。

    ──それは衝撃的な光景だった、ということなのでしょうか。

    溝口さん: そうですね……まあショックを受けた、とまではいかなかったんですが、現実に自分が食べている肉という存在がここから始まっていたんだ、というのを初めて目の当たりにしたというか……。基本的な知識としては持っていたわけですし、それに当時でもすでに近代化していた日本の畜産における屠殺や解体のプロセスとは違う、いわゆる原始的な方法だったとは思うんですが、それでも「ああ、こうやるんだな」と思って、どこか納得したんですよね。

    ──頭の中にだけあったイメージが、現実味を帯びてきた、というか……。

    溝口さん: その日の光景が自分の中での原体験になっているんだと思うんですが、やっぱり自分が食べる肉は、いちどは自分の手で肉にしてみたいな、という想いになって……これはいつか自分でやらなきゃな、と。

    ──それから20年を超える時間が流れたわけですが……。

    溝口さん: そうですね。アジア放浪は23歳の時でしたから、もう26年も前の話になりますね。でも、それからずっと、自分で屠殺して解体して肉にして食べる、という一連のことをやってみたいと、漠然と思っていたんです。それが日本に帰ってきて、屠殺や解体とは縁のない仕事で社会人になって、ずいぶんと年月が過ぎていたわけですが、つい最近になって、たまたまハンターバンクのことを耳にしまして、一気に再燃したわけですね。まあこの話がなくてもどこかでチャレンジはしていたんだろうな、という感じではありますけれど、自分としてはずっと、どこかで挑戦する機会をうかがっていたのかもなあ、と思うんです。

    ──若き日の旅の記憶は、ずっと生きていた、ということなんですね。

    溝口さん: それにもうひとつ思い出したんですが、こちらもいまから30年も前に、小林よしのりさんが『ゴーマニズム宣言』というマンガを出して、かなり社会的な話題にもなったんですよね。その中に、豚の屠殺についての話もあったんです。内容としては「現代の屠殺場ではこういう風にやってますよ……これをなにも知らずに食べている、ってのはいかがなものか……」みたいなことを書いた話があって、それも自分の中では伏線になっていたのかもしれませんね。アジアの旅から日本に帰ってきて、日常の暮らしの中でしばらくの間は忘れていたんですけど、いずれどこかでその現場、例えば屠殺場の見学とかしてみたいな、というような願望も、ずっと心の奥底にあったのかもしれませんね。

    ──さて、そんな長年の想いを抱えてハンターバンクに参加された溝口さんですが、実際に狩猟という行為を通じて〈自分の手で肉にする〉ことを経験したいま、長年の想いはどう結実したのでしょうか……。

    溝口さんのお話は[その2]へと続きます。

    溝口尚重さん(みぞぐち・なおしげ)

    ハンターバンクで挙げた猟果を前にして、旅の記憶の中の〈想い〉を、ご本人いわく「ずっとくすぶらせてきた」という宿題の答え合わせは、狩猟欲とはどこか別種の、それはでは人まかせだった「肉を得るプロセス」を自分の手で確かめることができた、という達成感だったようです。ノスタルジーかと思ったら、きっちり理系なお話でした。

    さまざまなスタイルで「ハンターバンク」を利用しているハンターさんたち。
    狩猟を始めたきっかけも、活動のペースも多種多様なのですが共通するのは
    〈自分らしく〉楽しんでいること。そのあたり、聞いてみました。

    ハンター体験記 Vol.3 池渕隆志さん

    夢の田舎暮らしが〈田舎過ぎ〉ても、ハンターバンクで準備万端でした。[その2]

    縁あって手に入れた田舎の家は、ネズミやタヌキだけでなく、庭先に作った家庭菜園がイノシシやウサギに狙われて、さらに裏山の森にはどんな獣が潜んでいるかわからない……というレベルの野生の王国でした。そんな我が家での、田舎の家の暮らしを守るために、ハンターバンクで積み重ねた経験値は大きな資産になった、と池渕さんは話してくれました。いずれは憧れの田舎暮らしを……と考えている皆さんにも、参考になるお話なのではないでしょうか。

    ──小田原の猟場へは月に1回のペースで足を運んだ、という池渕さんですが、ハンターバンクのフィールドでは、どんなことを考えながら活動していたんですか?

    池渕さん: その時々で単独だったり、他のメンバーとチームを組んだり、と状況はさまざまだったんですが、最終的な「田舎の家の暮らしを守る」という目的のためには、本当にいろいろな学びがありましたね。そもそも、自分の中ではなんとなく「最初はくくりわなかな」と考えていました。というのも、自分ひとりで狩猟をするのに、箱わなを導入するのはハードルが高すぎる、と思っていたんですよね。

    ──くくりわななら小さくまとめてザックで背負うこともできますが、箱わなとなると、まあオリですからね。歩いて運べるわけでもないですし、そもそも買うとなったら、ちょっとお試しで、というわけにもいかない値段になりますよね。

    池渕さん: そう思っていたんですよ。でもそれが、ハンターバンクで箱わな猟を体験することができて、その運用を通じて、自分の庭先や裏山に設置する、という具体的なイメージもできました。

    ──箱わな猟を試せる機会、って貴重ですよね。

    池渕さん: ハンターバンクだと、現地のホストさんやサポートハンターさんにアドバイスをもらいながら、初心者でも〈自分の箱わな〉を仕掛けることができるわけで、そこは本当にいい経験でしたね。

    ──なにしろ大きい道具も、重たい道具も、買うのがちょっと大変な道具も、ハンターバンクなら全部そろってますからね。

    池渕さん: そのおかげもあって猟果も挙がり、山の恵みとしての肉を手にすることもできたわけですが、そこで経験できた止め刺しとか解体とかの個々のプロセスとは別に、カメラで捉えた箱わなの画像を遠隔で確認するシステムとか、効果的な誘引エサの使いかたとか、箱わな猟の全体を見渡したフローを体系的に学ぶことができて、これはとても参考になりました。それに、経験値として解体の手際が良くなったとしても、作業環境が整っていなければスムーズな解体にはなりません。ハンターバンクには水場を含めて、そのための場所と設備と道具が用意されているわけですが、いざ自分の田舎の家で解体するとなったときに、どう整えればいいのか……。設備や道具はどこまで必要なのか、あるいは自分の予算に応じてどこまで削れるものなのか、具体的に検討できるようになりましたね。

    ──なるほど……。そのイメージの具体性は、やはり自分の手で使って、試してみないとわからないものですよね。

    池渕さん: そうでしたね。それで、例えば我が家の裏山に箱わなを設置したいなら、それを運ぶための軽トラックが必要なんだな、とか、自分が導入しなければならないものが、少しずつ見えてきた感じでしたね。

    ──地元のベテラン猟師さんと長い付き合いで、というならともかく、移住者となるといろいろ自分で手配しなければならないわけですが、少なくとも箱わな猟に関しては全部、ハンターバンクで試すことができた、ということですね。

    池渕さん: その経験値があったからなのか、田舎の我が家の近くでも現役の猟師さんで話の合う人が見つかりまして、いろいろと手伝ってもらえそうな感じになっています。これ、全くのペーパーハンターでは難しかったかもしれませんね。

    ──となると、いよいよ東京の家を引き払って、本格的なハンターライフをスタートする、ということですね? さてさて、その意気込みはいかに……。

    池渕さん: 自分としては我が家の庭先に解体小屋でも作りたいところだったんですが、実は家族の反対を受けていまして……。ハンターバンクでは解体場所に皮や内臓を捨てる場所が用意されていたわけですが、自宅ではそういうわけにもいきませんからね。でも妻は、欲しいのは肉だけなんですよ。

    ──ま、それはそうでしょうね……。

    池渕さん: なので、高台の下に空き家が一軒あるので、そこを借りて整備して解体小屋にしようかな、と考えています。ハンターバンクと同じように、家に持って帰るのは肉だけで、というスタイルにできれば、家族も文句なし、ということですね。

    ──夫婦円満の秘訣ですね。ありがとうございました。

    池渕隆志さん(いけぶち・たかし)

    縁あって手に入れた北関東の田舎の家が、暮らしてみたら野生鳥獣の天国だった!という新米ハンターさん。家庭菜園を作ったからには、野菜も果物も獣たちにやられっぱなしではいられないということで、狩猟免許を取得。田舎の家の暮らしを守るための知識と技術と経験を身につけるべく、ハンターバンクでいい修行ができたそうです。

    【終了】イノシシ解体講座@オンライン!


    島根県の「㈱おおち山くじら」社長 石崎氏による、イノシシ解体講座です。

    ジビエのプロ目線で、美味しいジビエにする解体方法を学んでいただけます。

    参加費無料ですので、ぜひお気軽にご参加ください!



    [日時]

    10月21日(金)19:00~21:00

    (終了時刻は前後する可能性がございます)



    [開催方法]

    Zoomを使用したオンライン開催

    (URLは自動返信メールにてお送りいたします)



    [プログラム内容]

    ・解体に使う道具の紹介

    ・美味しいお肉にするための解体方法レクチャー

    ・おすすめ料理の紹介

    ・質疑応答



    [登壇者略歴]

    1978年生まれ。北海道大学大学院農学研究科で林学を修めるが、研究フィールドの天然林がひと冬でエゾシカに食いつくされたのを見て、研究対象を森林からシカに変える。

    国内狩猟肉の製造や卸売業を営むかたわらで、シカやイノシシなどの野生獣肉を<伝統肉>と再定義した「NPO法人伝統肉協会」理事長として、獣肉食文化の普及啓発にも尽力中。

    現在ハンターバンクの事務局も務める。



    ※㈱おおち山くじら

    島根県美郷町にて、駆除捕獲された猪の約80%を回収・処理し、その肉や皮を地域資源として役立てる取組みづくりを行う。野生猪の食肉処理を中心に事業を展開。



    イベントにて皆様とお会いできることを、心より楽しみにしております!